toggle
2020-08-29

【XⅧ 過去世】OSHO禅タロットカード解説

【18 過去生】

女性生殖器の中に見えるいくつもの顔は、過去に出会った人(前世・過去生を含む)の記憶。それが全て、自分の体の中にある、ということ。よくわからない、見えないという状況にある。

前世、過去世を含む全ての記憶が体の中にある。

このカードが出たときは、現在向き合っている課題は今世の課題である。

まさに今、その問題と向き合う必要がある。

恐れているものの中にヒントがある場合も。

過去から何度も繰り返してきたパターンや世代間連鎖。今逃げずに向き合わないと来世に持ち越す。

 

<ベアトリーチェ追記>

カルマの持ち越しとか世代間連鎖している問題を表しています。

それは何も霊的なことや、運命というわけではなく

私たちは育つ家庭で両親や周囲の人の価値観をすり込まれますので

親もまたそのまた親の価値観をすり込まれていると考えれば

「わたし」という人間の記憶には先祖代々かかわった人の記憶も

含まれていると言うことになります。

うちの家系は男運が悪い、等というのも

そうすり込まれてきたからそうなっているだけで

断ち切ろうとすれば出来るのです。

ちょっとしたことを聞いたのにこのカードができたら

同じように繰り返しているパターンや問題はないか?

それは親から引き継いでいる思い込みに由来していないかを

探ってみる必要があります。

見つかったら、行動・言動・思考パターンを変えていくことで

連鎖を断ち切ることが出来、次の世代に持ち越さずに済みます。

 

その他カード解説はこちらから

 

 

アメブロ:ベアトリーチェかづこヴィクトリアのタロットレッスン

 

スポンサーリンク
関連記事