toggle
2020-06-11

【Ⅶ 覚醒】OSHO禅タロットカード解説

覚醒とは目覚めることです。OSHO禅タロットでは、思考はグレーや雲で表されます。

思考(損得や合理性を考えること)は自分を守るため、

危険を回避するために必要なのですが

行き過ぎると自由も個性もなくなります。

本当の自分を生きてないことを「眠ったまま生きる」

とOSHOは良く表現しています。

 

今まで身につけた思考のベールの向こうに、

ぼんやりとした自分の影と、その霊性が見えている。

思考を振り払い、第6チャクラ(第3の目)で気がついたことを、

外側に表現するとき。

思考をやめると本当の自分が目覚めてくる。

魂の声を眠らせていた人が目が覚め始める。信じていたことが破れはじめ、本当のことが見えてくる。まだ起きていないことを心配して止めようとする(眠っている)

心配をやめたときに真我(ここでは若い仏陀)が目覚める。

 

ーーーーーーーーーーー

<ベアトリーチェ追記>

このカードはわかりにくいようですが、7番という革新的な数字をみると

本当の自分のやりたいことを表現せよ!

と言ってるように思います。

思考のベールとは、何か心配事があるはずですからそれを探っていきます。

例えば、「老後が心配なので、今楽しむことを控えている」としたら

老後の心配がベールということになります。

じゃあ、その心配がないとしたらあなたはどうしたいのですか?

それを表現したり、行動に移すときではないでしょうか?

鑑定の現場ではアドバイスに出たら、こんな風に問いかけています。

 

 

アメブロ:ベアトリーチェかづこヴィクトリアのタロットレッスン

 

関連記事